看護師でのリーダーなど責任のある仕事

看護師でのリーダーなど責任のある仕事

看護師の仕事は精神的にも肉体的にも大変でストレスが溜まりますが、責任のある仕事を任されてしまうと、
さらにそのストレスは増えてしまいます。
私は、以前働いていた介護施設で、3年間程、主任業務をしていました。
その職場には、10数名の看護師が働いていたのですが、働き始めて1年半しか経過していない私に、
主任業務の辞令がおりたんです。
経験の長い看護師ではなく、新人に近い私に、主任の話があったのには、理由がありました。

働いていた職場は、看護師の間での人間関係のトラブルがあり、決して環境が良い職場ではありませんでした。
しかし、私は派閥やイジメなど、人間関係のトラブルに巻き込まれるのは嫌でしたし、新人という事もあって、
表面上ではスタッフと上手くやっていました。
主任が退職する事になった時、そのような私の姿を見て、私を次期の主任にと考えたようです。

上司に認めてもらう事ができたのは嬉しいのですが、私にとってはかなりのプレッシャーです。
当初は断り続けていたのですが、責任感が強く、一度お願いされるとなかなか断れないという性格もあり、
主任業務を引き受ける事にしました。
私はとにかく、職場のイジメや派閥をなくしたいと思い、必死にがんばりました。
イジメや派閥ができてしまうのは、気持ちの余裕がないからかもしれないと思い、無駄な残業をなくしたり、
シフト希望を通りやすくしたり、年休も積極的に取れるようにしたり、業務改革に力を入れました。

看護師の皆さんもそんな私に協力してくれたので、職場環境は驚くほどよくなりました。
人間関係も改善されて、働きやすい職場に変わる事ができたんです。
毎日が大変でしたが、自分にとってとても勉強になりました。

2014年2月21日|